シーケーフーヅパートリーダー座談会|HOTな給食会社CKフーヅ

食べることって自由で楽しい。シーケーフーヅ

私たちはHOTな給食会社です。

本日のお献立

コンテンツ
シーケーフーヅ業務のご案内
シーケーフーヅ会社概要
シーケーフーヅ業務実績

各種施設のみなさまへ

  1. ホーム >
  2. スペシャルコンテンツ~シーケーフーヅパートリーダー座談会~

CKフーヅバイトリーダー座談会

シーケーフーヅの職場はどんな雰囲気? シーケーフーヅで働く魅力って?実際に活躍中のスタッフたちが、「シーケーフーヅで働く」ことについて話す座談会。

座談会メンバー

「シーケーフーヅ」で働くを選んだワケ。

  • まずは、自己紹介をかねてシーケーフーヅに応募した理由やきっかけを教えてください。
  • 梅田:そんぽの家S「宝塚小林」の梅田です。私はシーケーフーヅに勤めて2年半ぐらいですけど、 前は学食で1年ほどパートとして勤めていました。元々料理を作るのは好きで、シーケーフーヅの職場が家の近くであったことときれいな職場でシフト制の仕事ができるということが応募の理由です。
  • そういえば梅田さん、他とは少し違う面接でのアピールだったと聞いたのですが。
  • 梅田:そうなんです。実はシーケーフーヅの面接の前にもうひとつ別の会社を受けていて…当時私の子どもは幼稚園だったんですけど、その会社では「子どもが小さいならお母さんは働きに出ないで、せめて子どもが小学校にあがるまでは家で面倒を見たほうがいいよ」と言われました。それでも、どうしても私は働くことをあきらめられなかったんです、どうしても…。それで、しばらくしてシーケーフーヅに応募したんですね。面接では自分から言いました。「私は子どもがいるのでスケジュールでご迷惑かけるかもしれないけど、できる範囲でがんばりたいです」って。こんな私でも採用していただいたことにすごく感謝しています。
  • 厨房風景
  • 西川:そんぽの家S「甲東園」の西川です。働き始めて6年になります。応募した理由は梅田さんとかぶる部分が多いのですが、家の近所で勤務時間が短いこと、前職と同じく調理にたずさわる仕事、そのうえオープニングスタッフなので職場を自分たちで作り上げられるというのが魅力でした。お年寄りの方への接客だとか、高齢者施設での仕事であることなどは特に気になりませんでした。でも、入ってびっくりしましたね。毎日が目から鱗で…はじめは何もわからなくても、日々勉強しながら退屈せずに(笑)仕事ができています。
  • 山﨑:そんぽの家S「伊丹北」の山崎です。2年と少しになります。前は居酒屋の厨房で働いていました。先にシーケーフーヅに勤めていらした細原さんから仕事の内容などを聞いて、とても清潔感がある職場でいいなと思ったのが理由です。前職で長時間勤務してちょっと体調を崩しまして、2年ぐらいブランクがあったことが不安点でしたが、無事採用していただきました。
  • 座談会風景1
  • 細原:同じくそんぽの家S「伊丹北」の細原です。オープニングスタッフとして入って、2年と3ヶ月になります。ここに来る前は、山崎さんと同じ居酒屋の仕事と、パンの仕分けの仕事をかけ持ちしていました。パン屋さんの仕事が夜中だったので、子どもも小学生になるということもあり、昼間の仕事を探そうと。 週3回ぐらいで、昼間に3、4時間、しかも家の近く
    と、希望どおりの条件だったので応募してみました。

「シーケーフーヅで働く」で得たモノ。

  • 西川さん、先ほど言っていた目から鱗のエピソードって具体的に教えてもらっていいですか。
  • 西川:そうですね、本当にいろいろあるんですが…たとえば…毎日のように怒るお客さんがいらっしゃったことがあって。
    「水を2杯もってこい」とか、「おしぼりは3枚じゃないとだめだ」とか。自分で勝手に決めて、女中さんを呼ぶような感じ
    で。でも、だんだんその方の身体が衰えてきて、ありがとうって言われるようになってきて。あっ、さびしかったのかなってその時になって思えるようになりました。そういうことを考えたら、腹が立たなくなってきて。クレームを言うことで誰かとしゃべりたかったのではないのかな、と。食堂での会話が一日の会話のすべてという方もいらっしゃる。そういうことが見えてきて、他のスタッフにもこのことを伝えたらみんな納得してくれて。じゃあ食堂にいらっしゃる時ぐらいは、私たちがより積極的にコミュニケーションのお相手をしてあげようということになりました。すると、以前は顔見たらクレームを言うような方が、最近は「おおきに、おおきに」といってくださるようになって。こっちの気の持ちようで、状況は変わってくるんだなと思いましたね。 
  • 高齢者マンションの食堂で働くというのは、そのあたりが普通のレストランとは違いますよね。やっぱり、毎日顔を合わせてね。食堂でみなさんとお話する時間はお客さんにとってきっと大切な時間だと思いますよ。
  • 食堂
  • 西川:そうですね、ただの「お客さん」じゃないですね。食事を作ることよりも食堂でのお客さんへの対応の方が、主な仕事じゃないのかなと思うぐらいになってきています。食堂でのお客さんとのコミュニケーションが上手くいったら「上手いこといったね、今日も無事終わったね」って。もちろん調理も大切ですけどね。そういう意味では、パートの中で話し合って、みんなが大切な部分を理解できるようになったので、私たちパートも成長しているのかなと感じています。
  • そんなお客さん達とのやり取りで、嬉しかった事はなんですか?
  • 西川:「食堂に来て、あなたの顔を見たらほっとする」と言われたときは、もう…。「ご飯がおいしい」よりも嬉しかったです。あと、お客さんのご家族の方まで「あ、西川さんだ」と名前を覚えてくださって、声をかけてお話してくださって。それも嬉しかったですね。

    梅田:「綺麗に盛られてるね」とか、「彩りがきれいね」と言われたときは完全に私たちが担当した仕事への評価なので嬉しかったです。

    山﨑:そうそう。盛りつけを褒められたときは嬉しいですよね。あと、私はやっぱり「ありがとう」とか「おいしかった」とか言われたとき。

    細原:私の場合は、車いすの方がわざわざカウンターまできて、「ごちそうさまでした」と言われて帰られたときが本当に嬉しかったですね。
  • 座談会風景1

2ページ目へ→

求人情報のTOPへ