食べることって自由で楽しい。HOTな給食会社シーケーフーヅ

食べることって自由で楽しい。シーケーフーヅ

私たちはHOTな給食会社です。

本日のお献立

コンテンツ
シーケーフーヅ業務のご案内
シーケーフーヅ会社概要
シーケーフーヅ業務実績

各種施設のみなさまへ

  1. ホーム >
  2. 日常のヒトワザ一覧へ >
  3. VOL.002 お弁当を作ろう 栄養士によるコラム~日常のヒトワザ~

栄養士によるコラム ~日常のヒトワザ~

お弁当を作ろう

文・田邊朝子(管理栄養士・東京営業所)


爽やかな初夏をむかえ、夏の行楽やアウトドアなど楽しいイベントが待ち遠しい時期ですね!
ご家族やお友達とお出かけの際に、また職場や学校に行く際に手作りのお弁当を持参してはいかがでしょうか?
ちょっとしたポイントを押さえることで、美味しく、簡単にお弁当を作ることができます!
また、出掛けると何かとお金がかかってしまいますが、
お弁当を持っていくならば、コンビニなどで購入するよりも経済的です。
ただ、気を付けたいのが食中毒…。
衛生的にも気を付けつつ、おいしくお弁当を作るコツをご紹介します!

【準備】
・料理を始める前に石鹸で手洗いをする。調理中も必要時に手洗いを!
・お弁当箱や調理器具はよく洗って、清潔にしておく。 

【メニュー決め】
・殺菌効果のある食材を用いる。
 例)しょうが、梅、青じそ、カレー粉
・傷みやすいメニューは控える。
 例)水分の多いもの(煮物、カレー、炊き込みご飯など)
・マヨネーズで和えたサラダ(ポテトサラダ、マカロニサラダなど)

【作る】
・料理にはしっかり火を通す。前日に作った料理の場合は再加熱を!
・おかずは少し濃いめの味付けにする。
 濃いめの味付けの方がお弁当の場合は美味しく感じ、かつ、料理が傷みにくいです。
・おにぎりを作る場合、素手ではなくラップで握るようにする。
 ご飯を炊く際には梅干しや少量の酢を入れて炊くと、殺菌効果あります。

【詰める】
・ごはん、おかずはよく冷ましてから詰める。
 熱いうちにふたをしてしまうとお弁当箱に水滴が付き、傷みやすくなります。よく冷ましてから詰めましょう!
・煮汁、水けを切る
 煮物の煮汁や野菜の水けもお弁当が傷む要因の一つ。
 煮汁はしっかりと切り、詰める前に余分な水けをキッチンペーパーに吸わせることが大事。
・おかずを詰めるときには、菜箸を使う。
 素手で触ると、料理に菌がついてしまうことも。詰めるときは菜箸を使いましょう。

【持ち運ぶとき】
・保冷バック、保冷剤、クーラーボックスを用いる。
・なるべく日が当たらない、風通しの良いところに置くようにする。

最後になりますが、美味しく作ったお弁当も長時間おくと傷んでしまいますので、
なるべく早く食べることをお忘れなく! 手作りのお弁当で楽しい食事の時間を過ごしてくださいね!

日常のヒトワザの一覧へ