食べることって自由で楽しい。HOTな給食会社シーケーフーヅ

食べることって自由で楽しい。シーケーフーヅ

私たちはHOTな給食会社です。

本日のお献立

コンテンツ
シーケーフーヅ業務のご案内
シーケーフーヅ会社概要

各種施設のみなさまへ

  1. ホーム >
  2. 人日の節句 五節句をもっと感じよう。

五節句をもっと感じよう。

人日の節句

文・鈴木かおり(インストラクター・岡山本社)


季節の食材を使った料理はたくさんありますが、
ここでは「五節句」に基づいた食材や料理についてお話をしてみたいと思います。

五節句の「節」とは、季節が変わる節目のことです。
五節句の制度そのものは明治時代に廃止されましたが、
今では日本の伝統的な年中行事を行う季節の節目となる日になっています。

この五節句の中から、まずは「人日の節句」について書いてみます。

【人日(じんじつ)の節句】
1月7日を、人日の節句といいます。
人日とは、文字通り "人の日" の意味。中国は前漢の時代、東方朔が記した占いの書には、
正月1日に鶏、2日に狗、3日に羊、4日に猪、5日に牛、6日に馬、7日に人、8日に穀を占って
その日が晴天ならば吉、雨天ならば凶の兆しであるとされていました。
ですから、7日の人の日には邪気を祓うために、七草の入った粥を食べ、
一年の無事を祈ったのだともいわれています。

今では広く知られるようになった「七草かゆ」。
現在ではおせち料理で疲れた胃をいたわる意味も持たれているようです。


それでは、少し七草の説明を。

<せり>
独特の強い香りが食欲をそそります。ビタミンCが豊富で美肌効果があり、食物繊維も含まるので便秘にもよいとされています。

<なずな>
別名「ペンペン草」です。止血効果や貧血に効果があり、血圧を下げる作用があります。

<ごぎょう>
風邪の予防や解熱効果があります。

<はこべら>
利尿作用があるといわれています。

<仏の座>
食物繊維が豊富に含まれます。

<すずな>
かぶの別名です。ビタミンCも豊富で、風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があります。

<すずしろ>
大根の別名です。でんぷん分解酵素が多く含まれており消化を助け、胃腸の働きをよくします。


なかなか自分自身では見つけられない七草も、
最近ではスーパーなどで1月7日になると七草をセットにしたパック詰めのものや、
フリーズドライのものを見かけるようになり、各家庭でも気軽に七草かゆを食べられているのではないでしょうか?

我が家でも七草かゆを食べる歴史はあまり長くはなく、最近のことのように思います。
今では、おかゆはいくら疲れた胃を癒すといっても味気ないので、
少し醤油で味をつけて溶き卵でとじ、雑炊風にして食べたりしています。

昔の人は、季節季節でその季節を感じる料理や食材を使って祝い事をしたり、意味を持たせたりして、
自然に感謝していたようです。
今でこそ、科学的根拠に基づいてはいますが、
その情報がない昔にそれらの食材を選んで料理していたと思うと昔の人の知恵はすごいなぁと改めて思います。

毎日忙しくしていて、季節を感じることが少ない今だからこそ、
昔の人が大切にしていたように食べ物を通じて季節を感じてみるのも風流でよいかもしれませんね。


五節句をもっと感じよう。の一覧へ